デンドロビューム インディビスム 斑入り 追加説明しました。

珍しいデンドロビューム商品ですね。

現在、斑入り富貴蘭、セッコクやデンドロビュームを栽培しています。

育て方、栽培方法、季節の管理を教えて下さい。

お問い合わせありがとうございます。一問ずつ回答いたします。

日当りは直射日光より、半日陰の栽培がよろしくでしょうか?

回答:50%の遮光をしています。

温室は小さなビニールハウスですか室内栽培。

秋なる頃室内に取り込み霧吹きの管理でよろしくでしょうか?

回答:水やりは、霧吹きで良いので確りと株と根が湿る様にしてあげて下さい。

季節の管理方法、秋冬、春は室内?

回答:秋の10月頃から4月までは、室内で育てます。

5月以降は、外に出せます。

※気象の変動が近年大きいので気温が低い年は、6月以降から室外に出せます。

※5℃以下の気温で長期間育てる事は、避けて下さい。

夏は戸外栽培?

回答:5月から10月までは、室外に出して雨水に当てると生育が 良いです。

水やりは、週3回以上与えてあげて下さい。

無加温で管理可能ですか?

回答:湿度は、50~80%が理想的です。

日中の換気時間帯は、30%以下に低下しても夜間、湿度が上昇すれば良く生育します。

水やりは春夏一週間、一回位?

夏は毎日?

回答:水やりは、着生している板が乾いたら与えられます。

5月から10月は、週3回以上、11月から4月は、週2回以 上、水を与えるのが理想的です。

※普段確りと水揚げしていれば、1~2週間、水が与えられなくても育てられます。

ご質問ありがとうございました。

追加質問

追加のご質問ありがとうございます。

この商品は中藤さんのオリジナルですか?

回答:タイ農場に行った時に入手した個体です。

単茎種タイプのデンドロビュームの斑入りは、滅多にありません。

斑入りのインディビスムはいつどこで(何年)発見したのですか?

回答:採集歴と発見した年数は、入手時に聞いておりません。

来歴

回答:輸入から2年です。

ルーツ

回答:タイの農場の選別品、現地でも貴重な個体で、大切に株分けで増やされてます。

生産地を知りたいです。

回答:商品説明欄をご参考下さい。

もう一つ質問(植え替え時期)(殖やし方)時期?

回答:植え替えは、4月から6月です。株分けで増えます。

株分けは可能ですか?

回答:可能です。3芽以上の単位が理想的です。

何年立つと植え替えは?

回答:株の大きさと数と状態の良しあしで変わります。

確りと大きく育った株を植え替えると育ちが良いです。

あまり植え替えしなくでもよろしいでしょうか?

回答:着生栽培は、板の腐食や根が浮いて来るとき以外は、不要です。

他のデンドロビューム(レオニス)で言う品種も同じ仲間で栽培もインディビスム同様

の栽培方法で可能ですか?

回答:類似した栽培方法です。

デンドロビュームレオニスで言うのは(東南アジア)タイ原産の小型ランですね。

あまり、市場流通、蘭販売店には見かけませんね。

販売店は少ないようですね。

レオニスは可愛らしい小さな黄色い花が咲くようですね。?

回答:黄色身ががかった個体が多いです。花は、個体や産地などで変化します。

また今後のインディビスムの栽培方法の質問回答をしますのでよろしく。

回答:追加でご不明な点がございましたら、ご質問下さい。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid