ランの本場タイの話 自生地編


断崖に生えるパフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) !!!

.......ん? どこにランがあると思いますか

実はこの場所に自生するエビネの仲間が花芽を着けていた。(カランセ Calanthe)

苔むした木の幹に地衣類と一緒に生えるエリア(Eria)

薄日が差す場所にはボフィラム (Bulbphyllum)の仲間

風通しがよく木漏れ日が当たる木の枝には、ボフィラム (Bulbphyllum)が光沢を放ちスクスクと育つ

斑入りのエリア(Eria)も

ジャングルの木には、ランがびっしり

立派な根っこを張ったエリデス(Arides)

同じ仲間は、固まって生えている事が多い

大株のデンドロキラム(Dendrobium)は、凄い大きさ

落葉の積もった場所に生えるマラクシス(Malaxis)

崩れやすい岩場の崖の上には、パフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) .....撮影するのも命がけ。足場を間違えて置くと岩が崩れて崖の下に落ちてしまいそう。しかも、岩は、固いのにポロポロと脆く壊れやすい。

自然の個体も魅力的な色合い

ヘミフィレアの仲間もパフィオペディラム チャールズスオーシーと一緒に生えている

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid