パフィオペデュラム アルメニアカムの栽培相談

いつもお世話になっております。さて、今年3月に購入したパフィオ.アルメニアカムの3芽あるうちの1芽がすっぽ抜けてしまいました。植え替えてあげたいののですがとある方のミクランサムの講演で、ミクランサム、アルメニアカムの植替えは秋か早春で晩春からはできるだけ根をいじらないとおっしゃっていたのですがこのままで夏を越せるか心配です。他の2芽の根元はしっかりしています。よろしくお願いします。住まいは京都市のど真ん中です。

よろしくお願いします。







ご質問アンケート

1.お名前 (トシハル) 2.お住まいの都道府県、市町村 (京都府京都市中京区) 3.性別 ( 男 ) 4.植物の栽培歴 (30年以上) 5.質問の植物を栽培している環境(複数回答可) ( 今は外、一戸建て庭、下はコンクリートで、塀越しに遮光ネットを張っている。冬は2階西、南向きの室内 )

回答:

6月から10月は、野外の貸せ通しの良い日陰で育ててあげて下さい。11月から5月は、室内の暖かい場所で管理するのが理想的です。

6.栽培場の高さ、階数

( 一階    )

7.日照条件  

日照(太陽光)、遮光と期間(50%)、(  月~  月) 回答:

12月から3月までは、遮光の少ない明るい場所で管理して下さい。

それ以外の、4月から11月は、50%~70%の遮光下で育てます。


8.温度 冬(最高  10~7℃、最低  ℃)、夏(最高  35℃(真夏はたぶん38℃ぐらいになる)、最低 30℃)

回答:

暖かい季節の6月から10月は、常温で管理して下さい。

11月から5月の理想的な成育温度は、温度が15℃です。日中は、20℃程度まで暖かく成ると良い環境です。

最低気温は、5℃程度で植物が維持できます。


9.風通し 冬( サーキュレーターで通気、タイマーで2時間おきに30分間隔  )、夏(外でも日中は熱風が吹いている。夜は若干下がる   )

回答: 冬場の喚起は、常に行って下さい。空気が動かない環境は、成育に良くない為、風の流れが止まらない様に工夫すると良い環境に近づけます。


10.水やり 週の水やり回数(冬  2~3回)、(夏 毎日2回)、水やりの時刻(  6時と18時)

回答:

水やりは、植え込み材料の表面が乾いて来たら与えて下さい。

暑い時期に早朝や夕方の温度が低い時間に水を与えるのは、とても良い事ですね。


水の与えすぎは、根腐れや病気の原因に成ります。

夏の時期でも、最低1日は、水を与える日の間隔を開けて下さい。

また、雨が降った湿度の高い日は、水を与えるのを控えると病気の予防が出来ます。

11.水質 (   水道水そのまま )

回答:

水は、くみ置きした物を与えるのが理想的です。

温度の急激な変化による植物への負担が少なく出来ます。


12.栽培環境の湿度 

(冬  60%)、(夏  不明%)

回答:

密閉状態で、蒸れない様にだけ気をつけて下さい。

湿度は、50%以上あれば十分です。

乾燥させすぎるとダニが発生しやすく成ります。

13.ご質問の株が鉢に植え込まれてからの経過年数。 (  3か月)


回答: 3年に一度、植え替えをして下さい。植え替えの適期は、4月と5月です。

秋は、11月頃に植え替え適期です。


栽培方法を見直したうえで、秋に根の様子を見て、植え替えてあげる事をおすすめします。

14.鉢の種類と大きさ ( プラ4号  )

15.農薬の散布歴 (年 4回  4、6、8、10月)


回答:

農薬の散布時期と回数は、とても良いですね。 16.農薬の種類と製品名、複数回答可 (殺虫剤:ベニカ水和剤、粘着くん、アタブロン乳剤 )、(殺菌剤ベンレート水和剤 )、(   )、(   )、(   )

回答:

散布する農薬にハダニに効果がある物を加えてあげると良いですね。 17.その他( 栽培棚の写真も追加します。遮光された真ん中に置いていて日中は前も遮光ネットを被しています。奥が南で反対側に家があります。)



18.肥料

( ごく薄い液肥、ハイポネックス )


回答:

洋蘭用の置き肥料を規定量与えて下さい。

この蘭は、着生蘭よりも肥料分を好みます。

置き肥でしっかりと肥料を常に与えて下さい。



特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square