オフリス 今だ芽でず(東京ドームで購入2月20日)

先月東京ドームにて購入した球根蘭(オフリス、カラデニア、オルキス)について、特にオフリスは今だ芽でず。

写真1枚目 「オフリス」 右が貴園から購入のophrys Tenthredinitera.Ver.tenthredinitra 此方は今だ芽でず。 左は我が家のオフリス ヘレナエ 今現在花茎は35cm。

とても大きなヘレナエですね。ここまで大きな株のヘレナエは、初めて見ました。良く育ってます。

写真2枚目 「カラデニア」 手前右 カラデニア・セロティナ ツボミ出始め、まだやく5mmぐらい。 手前左 カラデニア・レプタンス 入手時から変わらず 葉巾≒5mmx長さ≒15mm。 中右 カラデニア・ロンギカウダ もうすぐ開花。 中左 カラデニア・ロレア 今開花 花茎は≒120mm。 後ろ カラデニア・セロティナ 我が家のです 花茎は≒600mm 葉巾≒15mm 長さ≒200mm。

沢山のお買い求めありがとうございます。花芽の出来ている株から順番に咲いて来ると思います。

カラデニア・レプタンス は、小型種なので葉が余り大きく成らない種類です。現在は、葉の成長が終わって見えない地下の球根が成長している時期です。見た目に変化が無いですがこの時期の栽培で来年以降の作に大きく影響して来る大切な時期です。

写真3枚目 「オルキス」 右が貴園から購入のOrchis Simia 花芽まだ確認できず。 左は我が家の オルキス イタリカ 花芽有り、今花茎≒80mm。

こちらのオルキス イタリカとても良く出来た株ですね。

どれも夏休眠性球根蘭ですから、5月初めから枯れ始め、5月末には枯れてしまいます。残り1ヶ月位でどこまで成長するか?。

株姿は、今の時期ですと大きくなっても一回、二回り程度のがあるかも知れません。大切なのは、この時期に球根の部分が育つ事です。見た目が変化しなくなってもきっちり管理すると球根の出来が良くなる事が多いので水切れにと害虫、ダニに注意して育てて下さい。

特に乾燥させてしまいますと生育が短く成ってしますので、お気を付け下さい。

オルキス・シミアの花芽が見えないので今年は、花芽が出ないかも知れません。花は、球根の大きさが大きく成るほど花芽が出来て咲きやすく成ります。

オフリス・Tenthredinitera 「必ず出ます」と言われましたが、消滅してるのでは?。

植物は生き物です。必ずは、ありません。ですから当園では、「必ず咲きます」、「必ず出ます」、「必ず増えます」と言ってお売りする事は、御座いません。

お買い求めの際に地上部が出ていない球根種は、「後から出て来ると思います」とお伝えして納得いただけて方に販売させて頂きました。

芽を痛めない様に球根を確認できれば、成長の有無をご覧いただけます。もし、確認する場合は、芽がとても折れやすいので注意してください。

体感的な経験に成りますがオフリスは、当園ですと植え付けた球根の約98%が発芽して約2%が枯死します。発芽した株の約60-40%が分球して2つ以上の球根を残し、約38%一つ球根を残しています。又、2%未満で球根が出来ない事があります。

地上部が出来ている株をお求めの場合、当園では、1月から4月上旬まで通信販売、らん展、当園の公開日に販売しています。こちらでお求め頂けます。

カラデニア・レプタンス 以後の成長見込みなしと思われますが?。 オルキス・シミア これも今年は花見れずと思います。以上3点、種 いかがでしょうか?。

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid