Elythranthera brunonisの栽培について

質問:今回はじめてElythranthera brunonisを貴園から購入しましたが、地生蘭であることは知っておりましたが、詳しい栽培方法を知りません。ネットでも探しましたが,今のところ、見つけておりません。水やりや、温度、年間の管理等教えて下さい。

ご質問ありがとうございます。

該当する項目にお答え致します。 1.お名前 ( hoshigame         ) 2.お住まいの都道府県、市町村 (福岡県春日市千歳町  ) 3.性別 ( 男  ) 4.植物の栽培歴 ( 35  年) 5.質問の植物を栽培している環境

( 温室 一戸建て 外      )

加温した温室よりも戸外や無加温室や霜よけネットで覆われた環境の方が栽培に適しています。 6.栽培場の高さ、階数 ( 一階  ) 7.日照条件、午前と午後、遮光の有無と% 日照

(太陽光)、遮光と期間(30~50%)、( 4月~10月)

生育期の10月から6月は、遮光をしないで直射日光で栽培して下さい。光線の強い地域では、良い生育をしているとの報告が来ています。 8.温度

冬(最高25℃、最低10℃)、夏(最高35℃、最低24℃)

最低温度は、-3まで経験しましたが枯れません。しかし、凍らせない程度に霜よけをして下さい。温度は5-10℃で十分に生育します。保温程度の温度が適温です。高温は、注意して下さい。フレーム内が25℃以上に成ると生育期間が短く成ってしまいます。温度が上がりすぎない様に栽培して下さい。 9.通気性 冬(喚気ほぼ無   )、夏(喚気あり    )

生育期の冬場の換気は、重要です。湿度の低い環境を好みます。温室の様な湿度が高い環境は、花の寿命が短命に成るので避けて下さい。 10.水やり 週の水やり回数

(冬10~15日に1~2回)、(夏状況による朝、夕1回)、水やりの時刻(6時、18時)

水やりは、10月~5月まで行ってください。

冬場は週1~2回、春、秋は、週2~3回用土の表面の色は乾いて変わった時の晴れの日に与えましょう。

休眠期は、鉢の中に植えっ放しにして直射日光と水を避けて保管して下さい。作場の地面に近い場所で水がかからない様な場所が最適の環境です。

持っているものの中で大きい球根をお送り致しました。ですが、今期だけは生育調整期の苗のため7月まで水をあたえて下さい。

11.水質 ( 水道そのまま  )

12.ご質問の株が鉢に植え込まれてからの経過年数。

(不明 年)

植え替えは、2年に一度必須です。3年同じ土で作ると作落ちします。また、球根を植える深さが重要です。浅すぎたり深すぎたりすると生育に良くありません。現在植えてある深さと同じ程度に保って下さい。 13.鉢の種類と大きさ ( プラ鉢3~3.5号)

14.農薬の散布歴 (  年5~6回)、 15.農薬の種類と製品名、複数回答可 ( オルトラン水和剤)、(ダコニール   )、( スミチオン  )

その他にダニ剤を散12月~4月までに1~2回散布して下さい。 16.その他(     )

特集記事
記事一覧
アーカイブ
タグ
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid