top of page

夏休眠性球根 テリミトラの栽培相談





質問内容

テリミトラ ヌダとaff マクロフィラの交配種なのですが、一株だけ葉の水分がなくなり萎れるようになってしまいました。現在は干からびてはなく、くたびれた状態です。添付しています写真のような状態です。この株は一昨年購入したもので、2代目になり今年球根から育てています。

同じ鉢内のもう一株やその他の鉢のものは普通に生育しています。原因等分かりましたらお教えいただきたいです。


何卒よろしくお願いいたします。



回答:

ご質問ありがとうございます。

アンケートに目を通した後にご質問に回答します。



ご質問アンケート



1.お名前(仮名、ハンドルネーム、ペンネーム等を使用)

(     けい     )


2.お住まいの都道府県、市町村

(        東京中野   )



3.性別

( 男  )


4.植物の栽培歴

(  21 年)


5.質問の植物を栽培している環境(複数回答可)

(      マンション2階室内、南向き窓辺 )


6.栽培場の高さ、階数

(    地面から50cmほど )


7.日照条件  

日照(  太陽光、朝から夕方前まで )、遮光と期間( すりガラス越しのため10%くらい遮光)、(期間は通年)


回答:

日光が好きな種類なので、日中十分に



8.温度

冬(最高 13 ℃、最低 5 ℃)、夏(最高 30 ℃、最低 22 ℃)


回答:

成育に適した温度環境ですね。


9.風通し

冬(  室内ファン )、夏( 換気+室内ファン  )


回答:

風通しある良い場所で管理されていていると思います。


10.水やり

週の水やり回数(冬 3 回)、(夏  5回)、水やりの時刻( 10 時)


回答:

冬場の水やり回数は、ちょうど良い回数です。

夏場の休眠期は、水を与えずにしっかりと休眠させると球根の腐敗を避けられます。

水の与える時間帯は、適した時間ですね。



11.水質

(  貯め置き、そのまま  )


回答:


12.栽培環境の湿度 

(冬 20 %)、(夏  %)


回答:

敵した湿度ですね。



13.ご質問の株が鉢に植え込まれてからの経過年数。

( 1 年)


14.鉢の種類と大きさ

(  プラ鉢3号 ロング  )


回答:

大きさと鉢の深さは、良い大きさですね。

鉢底の水は、けが良い物を選んで使いましょう。

鉢底に水が溜まると根腐れや、病気の原因に成ります。


15.農薬の散布歴

(年  1回 11 月)


回答:

農薬散布は、芽出しの時期に1回、花の咲く前の3月頃に1回の合計2回行うと成育中、効果的に病害虫を防げます。


16.農薬の種類と製品名、複数回答可

(  トップジン )、(   )、(   )、(   )、(   )


回答:

お使いの殺菌剤の他に、ハダニとアブラムシに効果のある薬剤を散布してあげると、害虫の被害も予防出来ます。


17.その他(     )


回答:

株の状態は、根腐れ病みたいな状態です。

葉の表面にハダニの様な症状も出ています。


元気な株に病気が移るのを避けるため、別々の鉢に植え替えた後に薬剤を散布してあげると効果的です。

農薬は、ハダニと根腐れ、アブラムシに効果がある園芸用のスプレー剤などを選んで下さい。


特集記事
記事一覧