まだタグはありません。
Follow Us

購入したマキシラリア バリアビリス の育て方について

購入した商品 マキシラリア バリアビリスの 育て方についてのご質問 お名前(仮名、ハンドルネーム、ペンネーム等を使用) (あがつま) 〇栽培温度 (適正な温度はどのくらいでしょうか?夏と冬の限界温度がわかれば知りたいです) 回答: 適正な温度は、12~30度。 5から40℃が生育温度です。 〇日照条件 (日当たりは良好なのですが、遮光は必要でしょうか?) 回答: 直射日光は、避けて下さい。 50%程度の遮光や室内ですとレースのカーテン越しが理想的な育てる場所です。 マンションの高層階は、光が反射して来るので明るい北側でも育てられます。 〇水やり (どのくらいの頻度であげればいいでしょうか?) 回答: 湿った状態を日頃保つ様にしてあげて下さい。 水やりの回数は、温度や湿度、などの天候で変化します。 温度が低い時期は週1,2回。暖かい時期は、週2、3回与えます。 日頃、しかっかりと水を与えていれば旅行や出張で1~2週間水を与えない時期が年に1~3回あっても生育します。 〇風通し (屋外で大丈夫でしょうか?) ​ 回答: はい、風通しの良い場所で育ててあげて下さい。 〇植え替え (大きな鉢植えに植え替えたいのですが、土(またはコケ?)は何用のものを使えば良いでしょうか?) 回答: 着生ランは、小さめな鉢で育てます。 鉢と植込み材料は、ランに適した組み合わせがあるので必ずランの育て方の基本的な方法を本で調べてから植え替えなどを行ってください。 栽培に慣れないうちは、水苔と素焼き鉢がおすすめの育て方です。 ランの好む状態で育ててあげるのが栽培のコツです。 くれぐれも、自分の気分に合わせた

カトレヤ セルヌア の育て方について

購入した商品 カトレヤ セルヌア の育て方についてのご質問 お名前(仮名、ハンドルネーム、ペンネーム等を使用) (     あがつま      ) 〇栽培温度 (適正な温度はどのくらいでしょうか?夏と冬の限界温度がわかれば知りたいです) 回答: 適正温度は、15~35℃です。 生育温度は、5~40℃。 低温の限界は、霜や凍結すると枯死します。 暑さの限界は、現在不明です。 近年の暑い夏でも生育しています。 これまで以上に暑い夏を迎えれば何か株の生育に変化が出るかもしれません。 ​〇日照条件 (日当たりは良好なのですが、遮光は必要でしょうか?) ​ 回答: 直射日光の場所では、遮光50%程度必要です。 〇水やり (どのくらいの頻度で、また水やりは霧吹きで大丈夫でしょうか?) ​ 回答: 2,3日に1回株と板がしっかしと湿る様に与えて下さい。 〇風通し (屋外で大丈夫でしょうか?) 回答: はい、可能です。 春から秋にかけて雨水に当ててあげると株の調子が良く成ります。 台風の時は、風で飛ばされない様にしてあげて下さい。

キロシスタ ナコロンパノメンシスの育て方

購入した商品 キロシスタ ナコロンパノメンシス の 育て方についてのご質問 お名前 (     あがつま      ) 〇栽培温度 (適正な温度はどのくらいでしょうか?夏と冬の限界温度がわかれば知りたいです) ​ 回答: 最適な温度は18~35です。 栽培可能な温度は、8~40℃。 〇日照条件 (日当たりは良好なのですが、遮光は必要でしょうか?) ​ 回答: 直射日光の50%遮光が必要です。 〇水やり (どのくらいの頻度で、また水やりは霧吹きで大丈夫でしょうか?) ​ 回答: 2,3日に1回与えてあげて下さい。 水は、株と板が確りと濡れる様に与えて下さい。 〇風通し (屋外で大丈夫でしょうか?) ​ 回答: 気温が18℃以上ある春から秋は、野外で育てられます。 〇植え替え (仮に、土台の板を大きいものに変えたい場合、植え替えは可能でしょうか?) 回答: 可能です。 適期は、5月と6月です。 現在の板は、朽ちて来るまで使えます。 植え替えは、株に負担がかかるので確りと株が育てる技術と環境があるのが前提です。

デンドロビューム ジャンケンシーの育て方

今年のラン展の時にデンドロビューム ジャンケンシーを購入させていただきました。 その後、1週間に1度お水をあげ霧吹きで湿らせてあげていますが気候?の関係か葉が黄色くなり取れていってしまいます。どうーしてあげたらいいーですか?お花を咲かせたいです😭 1.お名前(仮名可) (もやこ) 2.お住まいの都道府県、市町村 ( 東京都 ) 3.性別 ( 女性 ) 4.植物の栽培歴 ( 半 年) 5.質問の植物を栽培している環境 ※複数回答可 ( 室内 ) 6.栽培場の高さ、階数 (   ) 7.日照条件、 日照(太陽光)、遮光と期間(  %)、(  月~ 月) 回答: 直射日光の場合、遮光は、50%必要です。 室内ですとレースのカーテン越しが最適です。 8.温度 冬(最高 ℃、最低℃)、夏(最高℃、最低  ℃) 回答: 最低温度は、5℃です。夏場40℃近くに成っても生育します。 9.通気性 冬(   )、夏(    ) 回答: 通気がある場所で育てて下さい。 10.水やり 週の水やり回数(冬  回)、(夏 週1回)、水やりの時刻(  時) 回答:4月から水を欲しがる種類です。 写真を見ると株が萎びて来ています。 水を与えた時に鉢の芯まで水が滲みて無い可能性があります。 水を与える時は、表面だけでなく鉢の中まで湿る様にして下さい。 週に1度の霧吹きだと水揚げが足りません。 12月~3月は、週に1回、4月から11月は、週に2から3回水を与えて下さい。 11.水質 (水道そのまま) 回答: 汲み置きが出来れば塩素が抜けて株に優しいです。 12.栽培環境の湿度 (冬  %)、(夏  %) 13.

公開温室を再開します!

6月13日土曜日より公開温室を再開致します。 お休みの期間中、多くのお問い合わせいただきまして。 誠にありがとうございました。

農園開放について

沢山の方々からのお問い合わせ。ありがとうございました。 土曜日の農場開放は、6月中旬以降を予定しております。 詳しい、再開の日程は、近日掲載致します。

ワーミンギア エウゲニーの育て方

ワーミンギア エウゲニー 本日16時に商品を受け取りました。 どの株も、元気な状態で届きました。 ありがとうございます。 質問: ワーミンギアはボリビア原産のオンシジウムに近い種のようですが 快適に生育させるには、どのような環境にすればよいのでしょうか? 回答: 気温は、5~40℃までが生育温度です。 遮光は、50%。 風通しの良い場所を好みます。 水分を好むので植え込み材料が乾いて来たら水を与えて下さい。 水苔は、3年に1回植え替えて下さい。 質問: また、ゲルミニヤナムを育てるうえで特に注意をする点はありますか? アングレカム・レオニスなどと同様の育て方でよろしいでしょうか? 回答: 風通しのある、場所で育てましょう。 根っこが空気を好むのでプラスチック鉢で育てる時は、固すぎる植え方は、避けた方が良いです。 アングレカム・レオニスは、バーク植えで育てられますがワーミンギア エウゲニーは、水苔で植えた方が良く育ちます。 お忙しいとは思いますが、ワンポイントアドバイスを頂ければ幸いです! アングレカム レオニス

記事一覧

タグ

特集記事

アーカイブ

Blog

ブログ

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
 
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid