まだタグはありません。
Follow Us

デンドロビューム交配親のご質問

お名前 のん ​ 〇その他の質問 (世界蘭展日本大賞で購入したデンドロビューム(昨年かどうか忘れました。ここ数年はドームしか行っていないので世界蘭展だと思います)のラベルをRHSで調べようと思ったらヒットしないので質問します。 ラベルには当然裏に中藤洋蘭園の名前住所などがありますが、表に Den.N o p p r n s t o p s と書いてあります。株は小型のデンファレのようで、花はDen.Enobi purple とよく似た花です。私の持っているDen.Enobi purple’Splash’のセルフからでたスプラッシュよりやや周りの赤が強くきれいです。Enobi purpleは唐澤先生の交配のようですが、この品種も似たような親が使われているの出はないかと調べたがわかりませんでした。 よろしくお願いします。 お待たせいたしました。 生産地のタイの農場に数件問い合わせたところお返事が出来る様に成りました。 Den.N o p p r n s t o p sの正しい名前は、「Dendrobium Enobi Stripe'Splash`-Nopporn」少し長い名前です。交配親は、Dendrobium Baby Stripes x Dendrobium Global Villageです。 生産元で印刷されたラベルの名前とは、違うとの事です。 正確な名前でご提供できず、大変失礼いたしました。

球根の植え方の質問

富山市のお客様 別途購入した球根もっているのですが、球根を上下方向どういう向け方でどれくらい下に植えればよいのか教えて下さい。 ご質問ありがとうございます。 写真で解説させて下さい。 矢印の左側は、オルキスの球根、右側は、カラデニア 小玉から大玉球根は、5cm程度の深さに植える ※極小の球根は、3cm位の深さに植える ※最後にワンポイント 鉢の土は、2年に1回植え替えてあげましょう!

秋の球根ビン出し

種を蒔いてからビンの中で数年育てた苗。 テリミトラ グラミネア X テリミトラ ’ロイヤル ブルー’ (Thelymitra graminea x nuda `Royal Bule ') テリミトラ マクロフィラ X グラミネア(Thelymitra macrophylla x graminea) もう少し育てたら花が咲きそうな球根。

球根のランをお求め頂いたお客様へ

秋から春にかけて成長する球根性のランの生育期に成りました。 今期、水をまだ与えていない方は、球根を確認してから水を与えてあげましょう。

ランの本場タイの話 自生地編

断崖に生えるパフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) !!! .......ん? どこにランがあると思いますか 実はこの場所に自生するエビネの仲間が花芽を着けていた。(カランセ Calanthe) 苔むした木の幹に地衣類と一緒に生えるエリア(Eria) 薄日が差す場所にはボフィラム (Bulbphyllum)の仲間 風通しがよく木漏れ日が当たる木の枝には、ボフィラム (Bulbphyllum)が光沢を放ちスクスクと育つ 斑入りのエリア(Eria)も! ジャングルの木には、ランがびっしり 立派な根っこを張ったエリデス(Arides) 同じ仲間は、固まって生えている事が多い 大株のデンドロキラム(Dendrobium)は、凄い大きさ 落葉の積もった場所に生えるマラクシス(Malaxis) 崩れやすい岩場の崖の上には、パフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) .....撮影するのも命がけ。足場を間違えて置くと岩が崩れて崖の下に落ちてしまいそう。しかも、岩は、固いのにポロポロと脆く壊れやすい。 自然の個体も魅力的な色合い ヘミフィレアの仲間もパフィオペディラム チャールズスオーシーと一緒に生えている

ランの本場タイの話 農場後編

パフィオペディラム ヘンリアナム(Paphiopedilum henryanum)の作場も良い花ぞろい パフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) の作場 パフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) のフリルがある個体 パフィオペディラム チャールズスオーシー(Paphiopedilum charlesworthii) の色が濃い個体、サイズは、小さいが色がはっきりとしている アルバもある....パフィオペディラム チャールズスオーシー アルバ(Paphiopedilum charlesworthii alba) 色々なパフィオペディラムが育てられている パフィオペディラム スピセリアナム(Paphiopedilum spicerianum)の見事な大株 パフィオペディラム ヘンリアナム(Paphiopedilum henryanum) パフィオペディラムを培養のボトルから取り出している様子。人工的に種を蒔いて育てた苗が次々と作り出されて行く ハベナリア カーネア(Habenaria carnea) 色々な種類が集められている 白い個体も!.....ハベナリア カーネア(Habenaria carnea alba) 野外のヤシの木の下でランがスクスクと育っている 何で植えてあると思追います? 実はこれ.....スーパーマーケットの果物売り場でお馴染みのあの素材、果物クッションのネットなんです! ファレノプシス ヴィオラセア( Phalaenopsis violac

ランの本場タイの話 農場前編

タイのバンコク郊外の農場 きれいに並べられたランの数と量は、驚くほど! 暖かいので株は、すくすくと育って大きい株が目立つ 温度が常に高い方が好きなランは、どの株も元気 やはりタイの農園では、バンダどこでも沢山栽培されている パフィオペディルムの入った温室 パフィオペディルム ベラチュラムも時期外れでしたが数輪咲いている 凄い迫力のグラマトフィラム 最近見つかったランも増殖され栽培されている

ランの本場タイの話 文化と町並み

アユタヤーのワット・プラ・シー・サンペット チャオプラヤー川から見たワット・アルン 町には立派なお寺が沢山建てられている。 バンコク名物の渋滞 タイでは、コンビニを町の至る所で見かける。特にセブンイレブンは、街の至る所にある。 ビルの中にあるファミリーマート 日本の企業の看板をよく見かける タイ国日本人会の健康診断用の移動バス。現地の人が多く利用していた。 伊勢丹の食料品売り場 日本食も現地で人気があるので沢山の人でにぎわっていた。 利用客は、ほとんどがタイの現地の人々。 イチョウと太郎 味! 銀杏と何だろう・・・・? もちろん柵の中には、馬や羊じゃなくゾウ! 柵が何だか貧弱な気がするが何故か脱走しないで囲われた中に大人しくしているから不思議。 タイでは、天然ガスとガソリンのハイブリット車が沢山走っている。一回の補給でかなりの走れるとの事で燃費が良い様だ。 利用したタクシーのガスタンク トラックに備え付けられた沢山のガスタンク バンコクでは、BTS(スカイトレイン )やMRT (地下鉄)などの鉄道が整備されているので都市の主要部分は、便利に移動できる。現在まだまだ建設途中の路線が多くあるので利用する人は、良く調べてから利用しよう。

ランの本場タイの話 タイと蘭(BNK48,トレインマーケット)

タイとランの関わりは、とても強く町の至る所で蘭の花を見る事が出来る。こちらは、日本で人気のAKB48の姉妹ユニットのBNK48、タイでとても人気で町では、大きな広告に彼女達がよく活躍している姿を見かける。チームカラーがランの色なのでポスターにもコチョウランの花が使われている。 こちらは、スワンナプーム国際空港。本物の胡蝶蘭が空港を利用する人を至る所で迎えてくれる。 空港の植え込みは、殆どがランだ! タイでは、お坊さんがランを買い物している姿をよく見かける。 トレインマーケットで有名なこの場所 メークローン市場 (Bangkok Train Market/Talat Maeklong) ランの切り花が売られている

ランの本場タイの話 旅の予告編

今回は、短い移動距離なのでLCC(ローコストキャリア)のノックスクート航空を利用した。黄色いクチバシがアヒルみたい? 機内は、清潔で座席の幅も一般の便と同じ広さ。モニターなどが着いていないので、すっきりとしてりる。 機内の修理も庶民的でコストダウンをしているのかな?機体の整備は、しっかりされている事を祈りつつこの場を離れる。 ドンムアン空港到着! タイのバンコクに古くからある空港。今でも利用客がとても多い。 今回お世話になった宿の受付の人、とても個性的で文化の違いを感じさせられる。

記事一覧

タグ

特集記事

アーカイブ

Blog

ブログ

  • Black Instagram Icon
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
 
  • Facebook - Black Circle
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

東京国分寺市の洋ラン園、原種洋蘭、洋らん切花、インテリア、コチョウラン、Orchid